東京でマンスリーマンションを探すなら東京中央区マンスリーマンション

マンスリーマンション情報TOP > マンスリーマンションのご利用がはじめての方へ

マンスリーマンションのご利用がはじめての方へ

マンスリーマンションとはマンスリーの特徴設置備品一覧マンスリーとビジネスホテルと賃貸様々な利用方法が可能

マンスリーマンションとは

短期滞在型の賃貸マンション。それがマンスリーマンションです。
通常の賃貸物件とは違い、入居時に礼金敷金仲介手数料は必要なく、生活に必要な家具家電生活備品はすべて揃っていますので、入居時の初期費用も少なく、契約したその日からカバン一つでご入居できます。
また、ビジネスホテルとは違い、通常の賃貸マンションを利用することで、居住空間にゆとりがあるため自分の部屋のようにくつろげる快適さがあります。
つまり、通常の賃貸マンションとホテルの良いところをを合わせて、居住空間にゆとりのある賃貸マンションをビジネスホテルのように利用することができるのがマンスリーマンションなのです。

多様化するライフスタイルを支える居住空間を提供できるのがマンスリーです

このページの上部へ戻る
マンスリーマンションの特徴

礼金敷金仲介手数料が一切不要
通常、アパートやマンションを借りる際に必要となるのが敷金・礼金・保証金といった一時金といわれるものです。礼2敷2と表示されている場合には、仲介手数料や最初に支払う家賃を考え合わせたら家賃の6ヶ月分もの現金が必要となるのです。地域によっては保証金という名目で家賃の8ヶ月分にも相当する費用が必要となる場合もあります。これに対し、マンスリーマンションは敷金・礼金・仲介手数料や更新料も一切不要です。弊社の場合、保証金として3万円だけご用意ください。

電気ガス水道も手続き不要でご利用可能
マンスリーマンションなら公共料金も一律21,000円(税込み)/人とシンプルになっており、面倒な手続きも一切不要です。入居いただいたその日からガス・電気・水道がご利用いただけます。

ビジネスホテルと違い、くつろげる空間
快適に暮らすために必要な広さがあります。マンスリーマンションは通常のアパートやマンションをマンスリーマンションとして使用しているため、広さは平均的なビジネスホテルの1.5倍に相当します。
ビジネスホテルと違い、マンスリーマンションならベッドの上以外の場所で横になることができます。そして通常のアパート・マンションを使用していますので、休日に友人と一緒に過ごしたり、帰りが夜遅くなっても人目を気にせず好きな時間に帰ることができます。

家具家電生活備品一式完備
マンスリーマンションには、生活に必要な家具・家電から生活備品まで、すべて揃っているため、契約したその日からカバン一つでご入居できます。


このページの上部へ戻る
マンスリー設置備品一覧

弊社マンスリーマンションには、「鍋・釜・包丁から爪楊枝まで」家具・家電・生活備品完備。家具・家電はもちろんのこと、目覚まし時計やシーツの替え、洗剤、ソーイングセットなど普段は見逃しがちなものまで全てをご用意しております。

家電 テレビ 冷蔵庫 電子レンジ 炊飯器 洗濯機 掃除機 エアコン
家具 ベッド テレビ台 食器棚 テーブル 姿見
生活
備品
カーペット カーテン 掛布団 敷布団 マットレス 毛布
クッション 敷布団カバー 掛布団カバー シーツ 枕カバー ソーイングセット 物干し竿
バスタオル バスマット フロ洗剤 掃除機パック 雑巾 ハンガー掛け ハンガー
洋皿(大) 洋皿(中) 洋皿(小) 小皿 ご飯茶碗 汁椀
小鉢 マグカップ コップ 割り箸 爪楊枝 缶切付栓抜 ゴミ袋
目覚まし時計 箱ティッシュ DVDプレイヤー ドライヤー 灰皿 屑篭 屑篭ゴミ袋
しゃもじ ガスマット やかん フライパン フライ返し お玉
布巾 包丁 まな板 スポンジ スポンジ入れ 食器洗剤 三角コーナー
風呂スポンジ 風呂洗面器 風呂用椅子 石鹸 石鹸箱 洗面コップ トイレ洗剤
トイレブラシ スリッパ フェイスタオル トイレットペーパー 洗濯洗剤
靴クリーナー 靴ベラ      
※衛生品(歯ブラシ・髭剃りなど)は旅館業法違反になるため設置しておりません。
※ご入居中の備品の補充は致しません。

このページの上部へ戻る
様々なニーズに合わせたご利用方法

たとえば・・・

出張・研修・単身赴任の多いビジネスマンの住まい・企業の社宅・寮に
・急な出張や単身赴任、家電・家具・生活備品が揃っているため、カバン一つで即入居できます。
・出向や研修などある程度期間が決まっている場合も事前にご予約を受け付けております。この場合もビジネスホテルのご利用や新たに賃貸住宅を借りるよりもダンゼンお得です。
・一定の地域や各支店等に定期的に人員を派遣しなければならない企業であれば社宅や寮としてご利用が可能ですのでご相談下さい。

受験のため一定期間その地域に滞在する受験生
・複数大学等を受験する場合、試験日のたびに上京または地方にに行き、ホテルに泊まるのは、費用もかかるし、大事な試験を控え体力的にも精神的にも苦痛を強いられます。また宿泊先がビジネスホテルだったりすると、勉強するのも大変かもしれません。マンスリーマンションなら費用の面はもちろん、自分の部屋と同じような空間を提供できますので、日々の生活と同じコンディションで試験に臨んでください。

家の立て替え・引っ越しが出来るようになるまでの仮住まいに
・住まいの増改築、建て替えなどで、一時的な住居が必要な方、一般の賃貸物件を借りたが、その物件が新築物件のため入居が遅れている方はぜひマンスリーマンションをご利用下さい。一般の賃貸物件と違い、初期費用が安く、1ヶ月以上であれば何日のご利用でも大丈夫です。

長期の旅行観光に
・最近の長期滞在型の旅行観光にはマンスリーマンションが最適です。長期で旅行観光する場合にホテルを利用するとかなりの出費が予想されます。しかもホテルにはチェックイン・チェックアウトの時間があるので、『今日は部屋でずっとのんびりしよう』なんて思っても無理です。マンスリーマンションなら時間を気にせず、朝でも昼でも夜でもいつでも自由に観光したり遊ぶことが可能です。

各種技術者の滞在に
・たとえば各種エンジニアとして企業に派遣される方や職人の方は、1ヶ月以上のご利用であれば、急な人員の派遣や出向でも派遣先の企業や現場に近い場所でマンスリーマンションに即入居が可能です。ビジネスホテルと違い自分の家のように快適な空間を提供致しますので、マンスリーで仕事の疲れを癒してください。

ご家族の入院などによる長期の付き添いに
・ご家族の長期入院により、付き添い看護をしなければならないときもマンスリーがお役に立ちます。もし自宅から遠い病院に入院され付き添いが必要な場合、毎日病院に通ったりホテルを利用するのは経済的にも精神的にも辛いと思います。マンスリーをご利用頂くことで、そんな大変さや看護の大変さも多少緩和させて頂けると思います。冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機などの家電から食器や裁縫セットまで存分にご利用下さい。


このページの上部へ戻る
マンスリーとビジネスホテルと賃貸を比較

東京都中央区の弊社マンスリーマンションとビジネスホテル、弊社賃貸マンションを比較

項目 マンスリーマンション ビジネスホテル 通常賃貸(東京中央区1K)
 入居時必要費用 保証金3万円 なし 37万円
 引っ越しの手間 カバン一つ 入居後に不足品購入 引越費用
+入居後に不足品購入
 月額料金 99,000円
(一日あたり3,300円)
210,000円
(一泊あたり7,000円)
75,000円
 礼金 なし なし 75,000円
 敷金 なし なし 150,000円
 仲介手数料 なし なし 75,000円
 クリーニング費用 約16,000円 なし 敷金から清算
 リネン代 約7,000円 なし なし
 水道光熱費 必要 不要 必要
 保険料 なし なし 20,000円
 広さ ベッド上以外にも横に
なることが出来る
平均4坪(ベッドの上でしか
横になれない)
 照明 完備 部分照明が多いため読書
や仕事・勉強には不向き。
入居者用意
 炊事 炊事道具が揃っており
自炊もOK。
コンビニの弁当も温めて
食べられる。
不可
 プライバシー 出入り自由。家族友人
を部屋に呼べる。
休日もゆっくりくつろげる。
外出の度フロントに鍵を
預けなくてはならない。
休日も清掃のため、
1日中部屋にいれない。

このページの上部へ戻る
Copyright (C) 2004-2008 Town Monthly All Right Reserved.